ロードバイクを運転している時でもスマホを見たい時、ありますよね?そんな時、みんなどうしてるのか気になるところ。

ロードバイクでスマホを見る方法はいくつかあります。

1. スマホホルダーを使う

ハンドルバーにスマホホルダーを取り付けることで、走行中にスマホ画面を確認することができます。

種類

  • ハンドルバーマウント
    • ハンドルバーに取り付けるタイプ
    • 最も一般的
    • さまざまな角度に調整可能
  • ステムマウント
    • ステムに取り付けるタイプ
    • ハンドルバー周りがすっきり
    • 振動の影響を受けやすい
  • トップチューブマウント
    • トップチューブに取り付けるタイプ
    • 視認性に優れている
    • エアロ形状のフレームには取り付けできない
  • ミラーマウント
    • ミラーに取り付けるタイプ
    • 後方確認と同時にスマホ画面を確認できる
    • 振動の影響を受けやすい

選び方

  • スマホのサイズに合ったものを選ぶ
  • 振動対策がされているものを選ぶ
  • 見やすい角度に調整できるものを選ぶ

2. サイクルコンピューターを使う

サイクルコンピューターの中には、スマホと連携してナビゲーションやメッセージの受信などができるものがあります。

メリット

  • スマホを取り出す必要がない
  • バッテリーの消耗を抑えられる
  • 雨天でも操作しやすい

デメリット

  • スマホよりも機能が制限されている
  • 価格が高い

3. スマートウォッチを使う

スマートウォッチの中には、スマホと連携してナビゲーションやメッセージの受信などができるものがあります。

メリット

  • 手元で操作しやすい
  • 音楽再生などの操作もできる
  • ランニングなどの他のスポーツにも使える

デメリット

  • 画面が小さい
  • バッテリーの消耗が早い

4. バーテープに貼り付ける

バーテープにスマホを貼り付けることができるマウントがあります。

メリット

  • 手軽に設置できる
  • 安価

デメリット

  • 振動の影響を受けやすい
  • 見にくい

5. ポケットに入れる

走行中にスマホを見る必要がない場合は、ポケットに入れておくこともできます。

メリット

  • 手軽
  • 費用がかからない

デメリット

  • 取り出すのが面倒
  • 落下の可能性がある

注意点

  • 走行中は周囲に注意し、安全運転を心がけましょう。
  • スマホを長時間直視すると、視力が悪くなる可能性がありますので、適度に休憩を取りましょう。
  • 雨天の場合は、防水対策を忘れずにしましょう。

おすすめのサイクルコンピュータ、スマホホルダーはこちら↓

iGPSPORT BSC100S/BSC200/BSC300 サイクルコンピュータ GPS 自転車 サイコン ワイヤレス サイクルコンピュータ 無線 自転車 GPS スピードメーター Bluetooth5.0&ANT+対応 ケイデンススピードセンサー連続 IPX7級防水 サイクリング 3.iGS BSC300
  • BSC300サイクルコンピュータは、フルラミネーションスクリーンを搭載した2.4インチのディスプレイが目を惹きます。
  • BSC300 サイコン 基本機能:温度、カロリー、標高、勾配、ラップ、アプリ経由の設定、データ表示カスタム、データ同期、ページ数(8ページ)、1ページあたりの表示データ(8項目)、4つのライドモード、GPS設定、データフィールドカスタマイズ、ダイナミックデータインターフェイス(グラフ表示等)
  • BSC300 サイコン スマート機能:自動バックライト、自動一時停止、自動スリープ、自動オフ、ホームページ自動戻り、ライドショートカットキー、警告機能
  • BSC300 サイクルコンピュータ は、iGSシリーズのハイエンド機である、愛三工業レーシングチームも愛用するiGS630をベースに開発されていますが、シリーズのコンセプトにより価格も抑えられたものです。 内蔵のマップによるフルGNSSでのナビゲーション機能ほか、スマートトレーナーとの接続など、ロングライドもトレーニングにも機能的には十分ですが「使わない機能は無くても良い」と考えるサイクリストには最適なモデルです。
  • なお、BSC300 サイクルコンピュータは5つの主要な衛星ナビゲーションシステムに対応し、最高の精度と信頼性を確保しています。 GPS:GPS+Beidou+Glonass+Galileo+Qzss(フルGNSS)

This product presentation was made with AAWP plugin.

Lamicall 片手操作 自転車用 スマホ ホルダー スタンド : 簡単取付 ロードバイク ワンタッチ スマートフォン ホルダー 携帯ホルダー オートバイ バイク用 スマホ固定 360度回転 防振 iPhone 15 15 Plus 15 pro 15 pro max iphone 14/13/12 pro plus pro max android 4.7-6.8インチに対応 -黒
  • 🏍【改良される固定マウント&安全ロック】改良されるネジタイプの固定クランプは取り付けボタンが設置され、工具不要で取り付けるだけでなく、従来型よりも速く取り付けることができます。また、ロックが硬すぎるという問題に対して、使い勝手がよいロックを開発しました。設置の利便性を大幅に向上させます。
  • 🏍【対応機種&ハンドルバー】約4.7-6.8インチのスマホに対応。iPhone 2023, iPhone 15 15Plus 15Pro 15Pro Max, iPhone 14, 14pro, 14pro max, 14Plus, 13 13 Pro, 13 Pro Max, 13mini ,12 11 11 Pro, 11 Pro Max, 11 プロ マックス, XS XS Max XR X 8 7 7plus 6 6s 6plus, S3 S4 S5 S6 S7, Galaxy S7 S6, Note 6 5, LG, HUWEI Mate P20 P10 lite, Galaxy, pixel, Xiaomi Redmi Note 8 9 10 pro miniなど。ハンドル径は14-40mmに対応可能。スマホの厚さ15mmまで対応可能で、横幅は約7.8cm以内、縦幅は約12.5cm-17.4cm対応可能ですので、購入する前にご端末に合うかどうか是非ご確認ください。(手帳型のケースが対応できませんから、ご注意ください。)
  • 🏍【片手着脱可能】丈夫で連動型のアームにより、片手でスマホを取付け・取外します。スマホでホルダーの上部をプッシュしてスマホを入れ、手を離せると、アームは自動的に収縮し、ガッチリとご端末をクランプします。すぐに取り外しができるのでサイクリング中の撮影に便利。
  • 🏍【安定感アップホルダー】スマホの四隅のかわりに、スマホをオールカバーするデザインは、スマートフォンをガッチリと固定することで、走行中でも落下の心配はありません。スマホにあたる真正面にEVA樹脂マットがつき、防音防水で、耐衝撃性を向上させます。
  • 🏍【高品質素材・高精度な仕上げ】ステンレス金属製アームやABS樹脂製ボディー、EVA樹脂マットは耐久性に優れています。利用されないとき、自転車につけたままでも大丈夫。360度回転でき、スマホのグーグルマップでナビを使用しながらライドを楽しめます。ツーリング / デリバリー / 宅配 / 通勤 / 通学 / ウーバーイーツ様々なシーンで、Lamicall自転車スマホホルダーで色々な自転車の楽しみ方をしましょう!

This product presentation was made with AAWP plugin.